東京で相続のことなら大田区の『東京相続なんでも相談ルーム』へご相談下さい。

小林佳与公認会計士・税理士事務所【認定経営革新等支援機関】

東京相続なんでも相談ルーム

〒143-0023 東京都大田区山王2-1-8 山王アーバンライフ310

電話受付時間:9:00~17:00(土日祝除く)
ご相談は土曜日、日曜日も承ります。ご希望日をお知らせ下さい。

ご相談予約受付中

お問合せをお待ちしています

お気軽にお問合せください

03-6429-2420

相続税の納税義務者と課税財産の範囲

相続税および贈与税の納税義務は、平成29年度税制改正により見直されました。

新しい納税義務者の規定は、平成29年4月1日以降の相続および贈与に適用され、平成29年3月31日までの相続および贈与には従前の規定が適用されますのでご注意下さい。

改正された納税義務(平成29年4月1日以降の相続に適用)

「相続税の納税義務者」を規定する相続税法第1条の3が改正されました。

『相続税の納税義務の範囲』は、「相続税の納税義務者」を規定する相続税法第1条の3第1項と「相続税の課税財産の範囲」を定める第2条をまとめて、下表のように表すことが出来ます。

(新)相続税・贈与税の納税義務の範囲

相続人・受贈者→→

 

 

 

被相続人・贈与者↓↓

 

国内に住所(※1)あり

 

国内に住所なし

日本国籍あり

日本

国籍

なし

短期滞在の外国人

以外

短期滞在の外国人

(※2)

10年以内に国内に住所あり

10年以内に国内に住所なし

短期滞在の外国人

以外

 

国内財産&国外財産に課税

(無制限納税義務者)

 

短期滞在の外国人(※2)

     

10年以内に

国内に

住所あり

短期滞在

の外国人以外

    

(注)

短期滞在

の外国人

(※3)

   

国内財産のみに課税

(制限納税義務者)

10年以内に国内に

住所なし

 

  

 

 

【財務省『平成29年 税制改正パンフレット』に加筆】

(※1)『住所』とは、『生活の拠点』のことを言います。従いまして、『日本国内に住所がある』ということは、『日本国内で生活している』ことを意味します。

(※2)在留資格を有する者で、相続開始前15年以内において国内に住所を有していた期間の合計が10年以下である者。

(※3)日本国籍のない者で、相続開始前15年以内において国内に住所を有していた期間の合計が10年以下である者。

(注)≪経過措置≫日本国籍および国内住所のない者が、平成29年4月1日から平成34年3月31日までに「非居住外国人」からの相続・遺贈・贈与により財産を取得した場合には、国内財産のみが課税対象となります。「非居住外国人」とは、平成29年4月1日から相続・遺贈・贈与のときまで国内に住所を有しておらず、日本国籍も持っていない者。(平成29年改正法附則第31条第2項)

改正の理由
  • 租税回避行為が見受けられたため、国外居住期間が5年から10年に加重されることとなりました。
  • 優秀な外国人材の受入れを増加させるために、一時居住の外国人同士の相続では国外財産に相続税を課税しないこととしました。
納税義務の範囲について

上表から、相続税の納税義務は次のようにまとめられます。

  1. 相続開始のとき(※1)に、被相続人が日本国内に住所を有しており、短期滞在の外国人ではない場合には、相続人等(※2)の生活の拠点や日本国籍の有無に関係なく、相続人等には相続等(※3)により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  2. 相続開始のときに、日本国内に住所がある相続人等で短期滞在の外国人ではない人には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  3. 相続開始のときに、日本国籍を有しているが日本国内に住所はない相続人等で、相続開始の前10年以内に日本国内に住所があった(=日本国内で生活していたことがある)人には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  4. 相続開始のときに、日本国籍を有しているが日本国内に住所はない相続人等で、相続開始の前10年以内にも日本国内に住所がない(=日本国内で生活していたことがなかった)人については、被相続人(短期滞在の外国人を除く。)が、国内で生活していたか、または、国外に住所があっても、相続開始の前10年以内に日本国内で生活していたことがある場合には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  5. 相続開始のときに、日本国籍を有しておらず、日本国内に住所もない相続人等については、被相続人(短期滞在の外国人を除く。)が、国内で生活していたか、または、国外に住所があっても、相続開始の前10年以内に日本国内で生活していたことがある場合には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  6. 短期滞在の外国人については、相続開始のときに、被相続人(短期滞在の外国人を除く。)が、国内で生活していたか、または、国外に住所があっても、相続開始の前10年以内に日本国内で生活していたことがある場合には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  7. 上記1から6に該当しない相続人等および被相続人の場合には、相続等により取得した財産のうち国内財産にのみ相続税が課税されます。

改正前の納税義務(平成29年3月31日以前の相続に適用)

相続税・贈与税の納税義務の範囲

 

相続人・受贈者→→

 

 

被相続人・贈与者↓↓

 

国内に

住所あり

 

国内に住所なし
日本国籍あり日本国籍なし

5年以内に

国内に

住所あり

左記以外
国内に住所あり

国内財産&国外財産に課税

(無制限納税義務者)

 

5年以内に

国内に

住所あり

   

 

上記以外

 

 

 

国内財産のみに課税

(制限納税義務者)

【『平成27年版 相続税基本通達逐条解説』より抜粋】

従前の相続税の納税義務は、次のようにまとめられます。

  1. 相続開始のときに、被相続人が日本国内に住所を有している場合には、相続人等の生活の拠点や日本国籍の有無に関係なく、相続人等には相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  2. 相続開始のときに、日本国内に住所を有している相続人等には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  3. 相続開始のときに、日本国籍を有しているが日本国内に住所はない相続人等で、相続開始の前5年以内に日本国内に住所があった(=日本国内で生活していたことがある)人には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  4. 相続開始のときに、日本国籍を有しているが日本国内に住所はない相続人等で、相続開始の前5年以内にも日本国内に住所がない人については、被相続人が日本国内で生活していたか、または、国外に住所があっても、相続開始の前5年以内に日本国内で生活していたことがある場合には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  5. 相続開始のときに、日本国籍を有しておらず、日本国内に住所もない相続人等については、被相続人が日本国内で生活していた場合には、相続等により取得した財産のすべて(国内財産+国外財産)に相続税が課税されます。
  6. 上記1から5に該当しない相続人等および被相続人の場合には、相続等により取得した財産のうち国内財産にのみ相続税が課税されます。

≪注釈≫

※1相続開始のとき…被相続人の死亡のときであり、相続人が被相続人の財産を取得するときのことです。

※2相続人等…相続、遺贈、死因贈与により財産を取得した人のことです。

※3相続等…相続、遺贈、死因贈与のことです。

特例事業承継税制

ご連絡先&アクセス

地図

小林佳与公認会計士・税理士事務所

03-6429-2420

050-3737-8254

住所

〒143-0023
東京都大田区山王2-1-8
山王アーバンライフ310

JR京浜東北線・大森駅
山王口より徒歩1分

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

お気軽にご相談ください。